チェスわくわく戦略入門_logo

「チェスわくわく戦略入門」は、ルールを覚えたての初心者に「戦略(ストラテジー)」を簡単に紹介する入門教室です。

第2回のテーマは
「マイナーピースの使い方」
です。

マイナーピース

「マイナーピース」とは「ナイト」や「ビショップ」のことです。
これらの駒には共通する特徴があります。

  • 駒の価値が同じで、ポーンの次に価値が低い。 (マテリアルで 3点)
  • 他の駒と比較して、ポーンがたくさん盤上にいても動きやすい。

上記の理由から、「マイナーピース」は序盤で活躍できる駒となります。
なので、ゲームが始まったらできるだけ早くマイナーピースを戦場に出すと戦いやすくなります。

「マイナーピース」と「センター」

「マイナーピース」にとって、最も重要なマスは「センター」です。

具体的な「センター」との関係性は各駒を説明する時に説明します。
ここではセンターの場所について説明します。

最も重要なセンターは「d4」「d5」「e4」「e5」の 4マスです。
チェスで「センター」といえば基本的にこの 4マスを指します。

center

次に重要なセンターは「c3」「f3」「f6」「c6」の 4点が囲む 16マスです。
上記の「センター」の次に重要な・・・「準センター」みたいなものです。 (そんなチェス用語ありませんが・・・。)

co_center

「マイナーピース」は常にこの「センター」を意識しながら使うことになります。

ナイト

序盤・中盤、「ナイト」は「センター」に居座ることで効果を発揮する駒です。
ゲームが始まったらナイトをセンターへと近づけると活躍しやすくなります。

knight_to_center

「ナイト」はセンターに「ポーン」が多い時、「ビショップ」よりも活躍します。
センターのポーンがガッチリ動けなくなっているときは「ビショップ」よりも価値が高くなります。

knight_than_bishop

「ナイト」の「最強の位置」は中央付近の 6段目です。
この位置のナイトは敵の陣地を広く攻撃していて、相手は駒を置く場所にとても困ります。

knight_6_rank

先ほど『最強の位置は 6段目』ということを書いたのですが、それは相手も知っているので、そう簡単にそこに置かせてもらえません。
なので、比較的置きやすく、かつ強力な位置として「センター 5段目」を目標とするといいです。

knight_5_rank

注意点は「自分の 5段目、6段目のナイトを安易に相手のナイトやビショップと取り合いしない」ということです。
「5段目」「6段目」のナイトは他のマイナーピースよりも価値の高い駒になっています。
そんなナイトと相手の駒の取り合いは自分が損をすることになります。
もっとも、相手の駒が「クイーン」や「ルーク」なら遠慮無く取ってください。

「ナイト」のまとめ

  • 「ナイト」は「センター」に居座ることで活躍する。
  • センターに「ポーン」が多いと、「ビショップ」より活躍する。
  • 6段目が「最強の位置」。
  • 「センター 5段目」も強力。
  • 強力な位置のナイトは他のマイナーピースよりも価値が高い。

ビショップ

「ビショップ」はセンターの「ポーン」が少ない時、対角線付近に配置することで活躍します。
つまり、「ビショップ」は「センター」を行き来できる状態が最も活躍できる状態と言えます。
こういう時は「ビショップ」は「ナイト」よりも価値が高くなります。

bishop_and_center

「濃い色のマス」のビショップは「濃い色のマス」にしか移動できません。
「薄い色のマス」のビショップは「薄い色のマス」にしか移動できません。

bishop_and_square

上記の理由から、「濃い色のマス」の「ポーン」が多い時、「薄い色のマス」のビショップが活躍し、「薄い色のマス」の「ポーン」が多い時、「濃い色のマス」のビショップが活躍します。
ちなみに、そういう「ビショップ」には名前がついています。

  • 自分がいるマスの色のマスの「ポーン」が少ない「ビショップ」 : 「グッドビショップ」
  • 自分がいるマスの色のマスの「ポーン」が多くて、自陣から出られない「ビショップ」 : 「バッドビショップ」
  • 自分がいるマスの色のマスの「ポーン」が多くて、自陣の外にいる「ビショップ」 : 「アクティブビショップ」

「グッドビショップ」が最も価値が高く、次に「アクティブビショップ」、価値が低いのが「バッドビショップ」となります。

good_bishop

「ビショップ」のまとめ

  • 「ビショップ」は「センター」を行き来できる「対角線付近」に置くといい。
  • センターに「ポーン」が少ないと、「ナイト」より活躍する。
  • 自分のいるマスの色と同じ色のマスしか移動できない。
  • 自分の移動範囲の「ポーン」が少ない : 「グッドビショップ」
  • 自分の移動範囲の「ポーン」が多くて、外に出られない : 「バッドビショップ」
  • 自分が移動範囲の「ポーン」が多くて、外にいる「ビショップ」 : 「アクティブビショップ」

まとめ

チェスの序盤・中盤はとても大切で、その時点で不利になってしまうと終盤で取り返せないことがほとんどです。
なので、序盤・中盤の要である「マイナーピース」を使いこなすことがとても大切です。

チェスの戦略関連の商品紹介